耕すについて

TOP > 耕すについて

image
image
image

株式会社 耕すとは

私たちが生きていくため欠かすことのできない「食」。
おいしさを通じて持続性のある未来へとつながる選択を実感していくこと。
日本の農業、生産者がもっと元気であるように
「食」と「農」をテーマに「日本各地の生産者」と「都市で生活する人々」をつなぐプロジェクト
Food Relation Networkが始まりました。

「農業生産法人 株式会社 耕す」は、その自主生産活動の拠点として、
2010年、ap bankの「明日(あす)ラボ」を通じた出資によって設立されました。

農産物の生産から流通、そして消費へのプロセスに正面から向き合い
私たちが思い描く未来に向かって、地に根を下ろした取り組みをしていこうという志のもと
現在、千葉県木更津市の「耕す 木更津農場」で
地元の農業生産法人(株式会社千葉農産)との協働のもと、
安心で安全な食べ物を「生産」するという立場から
命のつながりを感じることができる循環型農業に取り組んでいます。

約9万坪(30ha)の広大な土地からなる「耕す 木更津農場」は、
都心から車で1時間程度の場所にあります。
ここは、もともと約20年前に閉鎖された牧場跡地で、閉鎖されて以降
地元関係者による維持管理がなされていたものの、面積も広いため
大半は荒れ地になってしまっていました。
2010年より、「耕す」はこの土地を開墾し、農地として再生するところからスタートしました。

また、この土地を「次の世代も使い続けられる農地へ」との考えから、
「耕す 木更津農場」では有機農業に取り組み、有機JAS認証も取得しています。

そのほか、「ONE for Nature(※)」のプログラムとして、
これまで3回にわたって毎回およそ100名の一般参加者を招いて
開墾体験や、「耕す」で採れた農作物や地元食材を使ったBBQを行う農業体験イベントを開催しました。
このように、開墾から農業を始めるプロセスをより多くの方と共有しながら、
一緒に作り上げる「開かれた農場」を目指しています。

今後は、より本格的な農業体験を希望される方向けのプログラムなども展開していく予定です。
決まり次第、こちらのサイトにてお知らせします。

※「ONE for Nature」とは
kurkkuが、全事業(レストラン、カフェ、オンラインショップ、プレオーガニックコットンプロジェクトなど)の
売上げの1%を活動資金として拠出し、ap bankが運営する、人と自然をつなぐプロジェクト。
「ONE」をキーワードに、自然のためにできること、自然とつながれる方法を考えていきます。
(URL:http://www.onefornature.jp/

会社概要

【社名】
農業生産法人 株式会社 耕す
【代表取締役】
小林 武史
【設立】
2010年3月2日
【事業目的】
「食」や「農」をとおして、命のつながりを感じることが出来る循環型農業の実践
【事業内容】
有機農産物の生産・販売
耕作放棄地の開墾作業や、農業体験等のイベント、就農業支援のための諸事業太陽光発電など自然エネルギーを2012年10月に導入

木更津農場概要

【所在地】
千葉県木更津市矢那2502 Google Maps
【面積】
約30ha(耕地面積:約6ha ※2011年4月現在)
【運営】
農業生産法人 株式会社 耕す
【施設概要】
開墾畑地 約4ha(有機JAS認定圃場 認証番号:A10-121301)
【アクセス】
館山道 木更津北 I.C.から車で約20分
木更津農場へのアクセス

●当農場は観光農園や農業公園ではありません。事前に打合せのお約束、予約のない方のご来場はお断りします。
●農場でのお野菜、卵をお買い求めをご希望の方は、毎週土曜日10時~12時の「農場朝市」で販売しておりますので、そちらをご利用ください。(※それ以外の日時には農場での販売は実施していませんので、あらかじめご了承ください)
●農場見学、農場研修をご希望の方は、下記よりお問合せください。尚、時期や趣旨によっては見学をお断りすることもありますので、あらかじめご了承ください。お問合せ: info@tagayasu.co.jp

丹波農場概要

【所在地】
兵庫県丹波市市島町下竹田4200番地6
【面積】
約1.5ha
【運営】
農業生産法人 株式会社 耕す
【アクセス】
舞鶴若狭道 春日I.C.から車で約15分(約12㎞)